Events

新・Future Earth国際事務局日本ハブ 発足会・公開ミニシンポ 「日本におけるFuture Earthの推進」


新・Future Earth国際事務局日本ハブ発足を記念し、公開シンポジウム「日本におけるFuture Earthの推進」を開催。Future Earthの国際的な取り組みや、組織改革後の体制、日本でFuture Earthを推進する諸機関やその活動を紹介します。

地球温暖化を予測する地球気候モデルをいち早く開発し、現代の気候研究の礎を築いた真鍋淑郎博士が、気候学の分野で初となるノーベル物理学賞に選ばれました。博士らの研究に基づく気候モデルは、IPCCやCOPなどでも根拠として用いられるなど、我々が地球温暖化に対する針路を検討する上で重要な役割を果たしています。今回の受賞は、地球温暖化が人類にとっていかに重大な課題であるかを反映しているといえるのかもしれません。

地球環境問題への関心と対応の緊急性が増す中、Future Earth は、研究とイノベーションを通じて持続可能な社会への変容を加速するというミッションの達成にむけて、このほど大胆な組織改革を行いました。

日本でも、Future Earth 国際ハブ日本とアジア地域センターが統合し、本年8月に新たなFuture Earth国際事務局日本ハブが誕生しました。これにあたり、新 日本ハブ発足会・公開ミニシンポジウム「日本におけるFuture Earthの推進」を下記の通り開催し、Future Earthの国際的な取り組みや、刷新された新たな国際組織、日本でFuture Earthを推進する諸機関やその活動についてご紹介します。

 

日時:2021年10月20日(水)12時30分-13時30分

形式:Zoom(事前登録制)

言語:日本語 (一部、英語あり)

主催:フューチャー・アース日本委員会、Future Earth国際事務局日本ハブ

申込:ー本イベントは終了しましたー

 

 

プログラム

12:30 – 12:40  Future Earth国際事務局日本ハブ 発足宣言と祝辞(日本学術会議高村副会長)

12:40 ‐ 12:55  Future Earthと新・日本ハブの活動(日本ハブより)

  • Future Earthのミッションと活動
  • Future Earthの意義と活動(グローバル・アジア地域・国レベル)
  • Future Earth の新体制と新・国際事務局日本ハブ
  • 新・日本ハブ スタッフ紹介

12:55 ‐ 13:25 フューチャー・アース日本委員会の活動

  • フューチャー・アース日本委員会について
  • 日本委員会参加機関によるTD研究の取り組み紹介

13:25 – 13:30 閉会挨拶(フューチャー・アース日本委員会安成共同議長)

 

開催後の更新情報

⽇付


2021.10.20 〜 2021.10.20

著者


Future Earth Staff Member

場所


Online

シェアする



関連記事