Future Earth

 

 

 

 

 

 

お問合せ

 

Future Earth ガバナンスを刷新、日本からも参画

Future Earthは、より包摂的で、アクセスしやすく、透明性が高く、変革的な組織へと移行する重要なステップとして、そのガバナンスを刷新しました。日本のコミュニティも新たな組織に参画しています。

その一環として、2021年夏にFuture Earth Assembly(総会)が創設され、2021年9月29-30日に、第一回総会がオンラインで開催されました。総会は、Future Earthのコミュニティ全体を代表する包括的な組織で、Future Earth の主要アジェンダ、戦略、活動、組織の開発などを議論し、意思決定機関である評議会に助言を行います。

日本からはフューチャー・アース日本委員会を代表して三枝信子先生(国立環境研究所)と山内太郎先生(北海道大学・総合地球環境学研究所)、国際事務局日本ハブを代表して高村ゆかり先生(日本学術会議副会長・東京大学)と谷口真人先生(総合地球環境学研究所)、アジア地域の代表の一人としてハイン・マレー先生(総合地球環境学研究所)が出席しました。

総会では、新たな評議会(Governing Council) のメンバーが投票により選出されました。評議会は、Future Earthのアジェンダ、戦略、活動、組織等に関する意思決定を行う組織で、17名のメンバーで構成され、日本からは、高村ゆかり先生と沖大幹先生(東京大学)が選出されました。

2022年10月20日、Future Earthの組織改革に関する説明と、新たな日本ハブの役割などについてご案内する新 日本ハブ発足会・公開シンポジウムが開催されました。簡単なレポートや記録動画、スライドをこちらからご覧いただけます。また、第一回総会の報告書をこちらからご覧いただけます(英語)。

Future Earth の新たな組織体制